菁々祭について
菁々祭とは

菁々祭(せいせいさい)とは、
毎年9月上旬の土・日の2日間にわたって開催される東大寺学園の文化祭で、今年で第55回目を迎えます。入場は自由で、菁々祭当日には多くの人にご来場いただいています。 さて、今回のテーマは「Sailing」。
出港といった意味を持つ英単語です。
このテーマには生徒が一丸となり作り上げる文化祭が、一つの“菁々祭”となって「Sailing」、出港するという意味を込めました。
ロゴも、「Sailing」する先である大海原をイメージし作成しました。また、S, gの文字をモチーフに55回を表しています。

開催日時

開場は両日とも9時からです。
それ以前は入場できませんので、ご注意ください。

ごあいさつ
学校長あいさつ

第55回の菁々祭の開催、おめでとう。学園祭の成功をめざして努力してきた中・高校生諸君、そして、とりわけ実行委員会の面々を、まずは讃えたいと思う。
さて、今年の菁々祭のテーマは、Sailingだと聞いている。大きな帆に追風を受け、水上を滑走する、そんなイメージなのだろうか。君たちの航行がSmooth Sailingになることを、私も祈っている。だが、実際に外洋に出るとなれば、凪(なぎ)ばかりが続くことはまずないだろう。荒れ狂う波風に翻弄され、たやすくは目的地に到達できないだろう。目標というものは、そう簡単に叶うものではない。目標が遠大なら、なおさらである。幾多の艱難を乗り越えて、ようやく辿り着くものだろう。この菁々祭も同じであろう。高い目標を実現するために、ここまで君たちはたくさんの苦労を経験したと思う。そうした準備を経て、いよいよ菁々祭が開幕する。東大寺学園生らしい、自由で個性的なパフォーマンスを期待している。そして何よりも、清々しい表情でエンディングを迎えてくれることを願っている。 ご来場の皆さま、心より歓迎いたします。何かと行きとどかぬこともあるかと存じますが、生徒たちの熱意に免じてお許しいただき、しばし生徒たちのSailingにお付き合いください。

東大寺学園中・高等学校校長
森 宏志
実行委員長あいさつ

東大寺学園文化祭「菁々祭(せいせいさい)」公式サイトをご覧いただきありがとうございます。
今年の菁々祭のテーマは「Sailing」。
菁々祭を訪れてくださる皆さんに、1つの''菁々祭''が「Sailing」、出港する姿をお見せできるよう、生徒一丸となり全力で作り上げます。
ぜひ菁々祭当日、そんな東大寺生の努力の集大成をその目でご覧ください。
学校一同、皆さまのご来場をお待ちしております。

第55回菁々祭文化祭実行委員長
光本 凌大
アクセス&ご来場案内
アクセス&ご来場案内
アクセス
最寄り駅の近鉄高の原駅から
徒歩約25分、バス利用で約7分
高の原駅~当校間で15分間隔でバス(片道大人210円)が出ております。是非ご利用ください。
ご来場案内
チェック
公共交通機関をご利用ください
高の原駅周辺にはございますが、校内に駐車場・駐輪場はありません。
お車・自転車でのご来場はご遠慮ください。
ご来場の際は、電車やバスなどの公共交通機関をお利用いただきますようお願いいたします。
チェック
ご来場者カードについて
入場は自由ですが、ご来場の方全員に保安上のため入口にてご来場者カードのご記入をお願いしております。
なお、ご記入いただいた情報は菁々祭当日のセキュリティ確保、及び菁々祭の改善にのみ利用します。
ご協力お願いいたします。
チェック
校内について
学校敷地内は全面禁煙です。ご協力をお願いします。
お酒類の持ち込みはお控えください。
スリッパはこちらでご用意しておりますので特に必要ありません。
お問い合わせ
プライバシーポリシー
Ⓒ2019東大寺学園文化祭実行委員会
navi navi